目の下のクマの原因!治す方法はあるの?

目の下のクマの原因は、治す方法は?

疲れたときや寝不足になったときに出るイメージのある目の下のクマ。でも、疲れがすっきり取れたときでも、消えてくれない…ってことは定着してしまっている?友人と話をしていてそんな話題になり、どうすればいいのかと焦って二人で調べてみました(笑)

 

■目の周りは繊細にできています

 

目の周りって、毛細血管がたくさん通っているらしいんです。そして血流に乗って酸素や栄養が目に送り届けられるそう。あとは、目を守るためには眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれるものがあり、それを支えるのがまぶたの仕事なんだとか。

 

■茶グマの原因

 

クマは大きく分けて3種類あるみたいです。その1つが茶グマ。

 

主な原因は色素沈着。紫外線からのダメージや、目の周りの擦りすぎなどで起こるそうです。花粉症で目が痒くなったり、化粧品や防腐剤の入った目薬でかぶれたりと、目の周りって結構痒くなりやすいですもんね。

 

対処法としては、美白効果のあるコスメを使うのが良いみたいです。あとは意識してこすらないようにしたり、化粧をきちんと落とせば、色素沈着を最小にすることができそうですね。

 

■青グマ

 

目の周りにある毛細血管の血流が悪くなると、薄い皮膚から血管が透けてしまい、青っぽく見えるそう。原因は1つではないそうです。疲労や目の疲れなどを始め、ストレスや冷え、不摂生やホルモンバランスの乱れなんかも、引き起こす原因だそうです。女性の代表的な悩みばかりが原因ですね(笑)友人や私はたぶんこの青グマです。

 

気になる治し方ですが、マッサージやホットパックでを血流を良くするのが良いみたいです。マッサージをするときに注意したいのが、皮膚を強く刺激しないこと。目の周りの皮膚は繊細なので、強く擦ると乾燥や色素沈着につながってしまうそうです。顔につけても平気なクリームですべりを良くして行うのが良いのだそう。あとはやっぱり体質改善?

 

■黒グマ

 

生まれつき目の下の脂肪が少ない場合や加齢によって目の周辺の脂肪が縮んだりといったことが原因。または眼球の下にある眼窩脂肪を支える筋肉が衰え、眼窩脂肪が出っ張ってしまい、たるみが生じた結果、その下にへこみができるパターンだとか。

 

シミとは違うので、ヒアルロン酸を注入したり、眼窩脂肪を取るといった手術が対策になるようです。

 

まとめ

 

調べてはじめて知ったのですが、クマと言ってもいろんな種類があるんですね。これらの種類の複合型もあるそうです。クマは何かの病気のサインである場合もあるそうなので、気になったら病院で診断を受けたほうがいいかもしれませんね。私の場合、まずは健康的な生活を心がけることで、クマ消しに挑戦しようと思います(笑)