コーヒーを飲むとどんな良い効果があるの?

コーヒーを飲むとどんな良い効果があるの?

コーヒーが好きで、毎日飲んでいるという人は多いでしょう。私もあの独特の香りが好きで、「ほどほどにしなきゃ!」と思いつつ、ついつい飲みすぎることがよくあります。

 

また、特別好きではなくても、眠気覚ましだったり、仕事の打ち合わせや出かけ先で出されるということもあると思います。

 

一昔前までは、ただの嗜好品で体に良くないイメージもあったコーヒーですが、最近では健康に良い影響を与えるということで見直されているように思います。そこで、今回は女性にうれしいコーヒーの良い効果を調べてみました。

 

1. ダイエット効果が期待できる!?

 

コーヒーに含まれるカフェインは脂肪の燃焼を促進するそうです。運動の2,30分前に飲むと、特に効果があるとか。摂取することで血液中の脂肪酸濃度が上昇し、脂肪が燃焼しやすくなるそうです、今後運動素する前には。意識的にコーヒーを飲むといいかも?

 

2. リラックス効果で気持ちよく仕事ができるかも?

 

コーヒーは苦手でも、あの「香りは好き」という友人がいます。どうやらそれは、コーヒーの香りにリラックス効果があるからみたいなんです。あの香りを嗅ぐと、脳内のアルファ波というものが生じるらしく、それがリラックス効果につながるそうです。

 

また、脳の働きや頭の回転を活性化させるという効果もあるそうです。勉強や仕事のときにコーヒーを飲むのは、有効的なのかもしれませんね。

 

3. 消化促進で、食べ好きを乗り切る!

 

消化液の分泌を促す作用もコーヒーにはあるそうです。食後にコーヒーを飲みたくなる費とって結構いると思うんです。もしかしたら本能的なものかもしれませんね(笑)

 

美味しいものをたくさん食べすぎちゃって女子会の後や、仕事のストレスでやけ食いしてしまった後にはいいかもしれませんね。

 

4. アンチエイジング効果まで!?

 

「抗酸化作用」というとビタミンを多く含む野菜や果物に注目が行きます。しかし、コーヒーはそれ以上に多くの抗酸化物質が含まれているそうです。吸収率も野菜や果物より高いため、アンチエイジングにはぴったりですね。

 

まとめ
コーヒーにはいいことばかりではなく、「睡眠の質が低下する」や「胃が荒れる」といった美容や健康にはうれしくない面もあります。程ほどに摂取し、羽化ク付き合うことが大事なんでしょうね。