春夏も油断できない!ちょっとした冷え対策

春夏も油断できない!ちょっとした冷え対策

長かった冬が終わり、ようやく暖かくなってきましたね。春が来たとはいえ、朝夕はまだまだ冷えます。そして夏が来たら来たで、冷房で体が冷えて…と寒くない季節でも、冷え対策は必要です。さすがに真冬の寒さとは違うので、がっつり暖める必要はないかと思いますが。そこで今回は私も実践してる、春夏でもOKなちょっとした冷え対策をご紹介します。

 

■服装を見直してみる

 

見た目はちょっと恥ずかしい?でも体を温めるのに有効なのが5本指ソックスです。足の裏っていっぱい汗をかくので、冷えやすいんですよね。5本指ソックスなら、指の間の汗も吸収してくれますし、ツボを刺激する効果も期待できるので血行も良くなるそうですよ!

 

また寒くないとはいえ、ローライズのボトムや、丈の短いトップスも程ほどにしています。また締め付け強いスキニーのボトムも、血行が悪くなるので毎日履くことは避けています。そしてこういった服装をした日の夜はシャワーで済ませるのではなく、きちんと湯船に浸かり、血行を行くすることを心がけています。

 

■食べ物も少しだけ意識する

 

精白された砂糖は体を冷やす性質があるそうです。しかも血糖値を急激に上げて、消化や吸収のために多くのビタミンB群を消費してしまうのだそう。そのため私は、料理の甘み付けに毎回ではありませんが、はちみつを使うようにしています。あと、黒糖なんかも良いみたいです。

 

また、体を冷やさないために葉菜よりも根菜を多めに摂るようにしています。調理法も生よりは暖めたほうが良いみたいです。夏野菜は体を冷やす性質のものがあるので、これも程ほどにしています。毎日は難しくても、余裕のある週末くらいは食材を意識して料理をしたいと思っています。

 

■ツボ押しや運動も

 

血行改善のためにちょっとした時間を使ってできるのがツボ押しの良いところ。手足の爪の周りは末梢神経の密集地。痛きもちい位の強さで押しています。これは爪の付け根のマッサージにもなっているそうで、きれいな爪にするためにも役立つそうですよ。

 

あと、一番良いのがやっぱり運動をすることなのかなぁと思います。激しい運動はしていませんが、意識的に歩くということは継続して行っています。少し早めに起き、通勤電車を一駅手前で降りて、日光浴をしながら歩くのも楽しいですよ!

 

まとめ

 

女性にとって冷えは厳禁!美容にも健康にも良くありません。体が温まると相乗効果で、別の悩みも解消されたりしますしね。今年も春夏でも油断をすることなく、冷え対策に臨みたいと思います。