手荒れ対策にはハンドクリーム!高価なものを長持ちさせる方法

手荒れ対策にはハンドクリーム!高価なものを長持ちさせる方法

数年間、手湿疹に悩まされていました。私の場合は小さな水疱が出たり、かゆくなったりといった症状が出ていました。

 

なんでも、通常は皮脂が皮膚を守ってくれているそうなんです。ところが、水仕事が多かったりすると皮脂が流れ、皮膚を保護する機能が弱まってしまうとか。そうなると、菌が繁殖しやすくなったり、刺激に敏感に反応したりして、皮膚に湿疹などの症状が出るそうです。

 

【ハンドクリームを使うようになったきっかけ】

 

私はこの病気にかかるまでは、それほど手のケアを行っていませんでした。しかし、手の油分が少ないことが原因の一つということで、手洗い後にハンドクリームを使用するようになりました。

 

ちなみに、病院で塗り薬をもらって使いもしましたが、効果は得られませんでした。ハンドクリームを使用しても、少しマシになるくらい。しかし、あるときからきれいさっぱり症状が出なくなりました。長年ストレスになっていることがあったのですが、それが解消した辺りから、湿疹は一切出ていません。ストレスをなくし、免疫力を高めることが、一番の治療かもしれません(笑)

 

湿疹は出なくなりましたが、ハンドクリームを使う習慣は今でも身についています。やっぱり使っていたほうが、手がふっくらと滑らかになるし、荒れたり切れたりすることが少ないと感じます。

 

【ハンドクリームの節約術】

 

最近のお気に入りのハンドクリームは、「AUX PARADIS」です。友人からプレゼントでもらって以来、すっかり気に入ってしまい、自分でも買って使っています。

 

アロガンオイルという成分が含まれていて、それが肌の潤いを守る効果があるらしいのです。調べてみたところ、モロッコのみに自生するアロガンツリーの種子の仁核から採れる希少なものとのこと。香りもいいし、効果もあるのですが、お値段が何と30グラムで1,080円もするのです。手荒れ対策のためとはいえ、決して安くはないのが悩みです。

 

そこで私が考えた節約術が、「無香料の安いハンドクリームで延ばして使う」という方法です。AUX PARADISと薬局などで手軽に買えるハンドクリームとを1:1の割合で、手のひらの上で混ぜ合わせます。そうすることで、AUX PARADISの消費量を少し減らすことができます。延ばすのに使うハンドクリームは無香料であれば、AUX PARASIDの香りを邪魔しません。効果もAUX PARADIS一つで使うのと、さほど違いは感じません。

 

まとめ

 

ロクシタンのハンドクリームでもこの方法は有効だと思います。手は年齢が表れやすい場所ですし、自分の目にも留まる箇所です。病気とかは関係なく、きれいにしておきたいなぁと思っています。